EG式プロ家庭教師
大学受験 小論文講座(AO入試・推薦入試対応)
高校1〜3年生 [基礎〜応用]
仙台EG式プロ家庭教師コース

大学入試 小論文対策講座

文章指導の専門家が、あなたの文章力を向上させます。

合格する小論文作成 5つのステップとは?

 
推薦入試・AO入試の小論文はもちろんのこと、論述問題など「文章力」が大学受験において重要なスキルとなってきています。ところが多くの受験生が、適切な文章指導を受けることができず「入試の直前に、先生に何度か添削してもらっただけ」「添削の内容も、誤字脱字をチェックしてもらっただけで、内容や書き方についてのアドバイスはほとんどない」「本をたくさん読みなさい。そして、たくさん書きなさいと言われただけ」というような相談が、私たちのところに届いていることが現状です。つまり「小論文の書き方、考え方」を教えてもらうことなしに、入試を迎えてしまっている生徒が少なくないということなのです。
 
私たちEG式では、開校当初から「文章力は合格力」をテーマのひとつと考え「小論文対策」に力を入れてきました。確かに文章力は、一朝一夕で身につけられるほど簡単なスキルではありません。限られた時間の中で課題文を理解し出題者の意図をつかみ、それを800文字〜1000文字で実際に表現していかなければいけません。普段、このような作業を経験したことがない生徒にとっては、どこから始めれば良いのか。何かを書けば点数がもらえるのかが理解できずに不安になることも当然のことです。
 
しかし、入試までの時間は限られています。「一年間」というわずかな時間の中で、入試本番で活用できる「本物の力」を身につけていかなければいけません。そこで、私たちは「文章指導の専門家」として様々なメディアで紹介されてきた、佐藤先生監修のもと合格答案作成までのステップを4段階に設置
 

1)小論文と作文の違いとはなにか(論理的思考とは)
2)何を書けばよいか(情報収集、テーマの見つけ方)
3)どのように書けばよいか(全体の構造・わかりやすい表現技法)
4)自分のスタイルの確立(合格答案パターンを身につける)
5)入試過去問・予想問題を使用した実践演習(テーマ別対策)

 
以上のように「解説→実践→添削」の流れで基本から実践的な作文力を養成しトップレベルの「文章表現力」を目指していきます。
 

本物の「知的好奇心」+「思考力」を育てていくために

 
最初の段階では「800文字を埋めるのが精一杯」だった受講生が、60枚、70枚と課題をこなしていくうちに「どうすれば、説得力のある具体例を見つけられるだろう」「この視点で考えてみると、自分らしい小論文になるかもしれない」と、深く考察し知識と情報を集めていくようになります。積極的に関連の書籍を購入して調べたり、図書館に通って自主学習を始める生徒も出てきます。
 
このように「学ぼうとする力」+「考える力」を身につけることができれば、その思考力は小論文だけではなく、様々な場面で活用できる「本物の学力」に育っていきます。それは大学入試という場面だけなく、そこから先につながっていく長い人生の中で自信となって支えてくれることでしょう。
 
文章力は、合格力まだ間に合います。今すぐ「本物の文章力」を身につけ、磨いていきましょう。
 

EG式ロゴ

小論文コース 受講生からのメッセージ(一部抜粋)

 
東北学院大学 合格 Tさん
・入会したばかりの時は、文章を書くのは苦手ではないけれどもAO入試の小論文となるとどのように書けば良いのか不安でした。佐藤先生からのアドバイスで「情報収集の方法」「テーマの設定」「基本的な文章構成」から始めてもらい、三ヶ月目くらいから安定して少しずつ自分の文章に自信が持てるようになりました。特に、私が用意した資料を使って自分の意見を口頭で説明する練習は作文だけでなく面談の練習にもなりとても役立ちました。一般入試の前にAO入試で合格をすることができたので、これからは自分が勉強したいことを時間をかけて進めていきたいです。佐藤先生、一年間ありがとうございました。
 
東北学院大学 合格 Mさん
・論文指導では、ノートを用意して出題されそうな資料を貼付けて自分の「ネタ帳」を作ったことが役に立った。自分の意見が固まるまで先生とディスカッションして、弱い点や不足している点を指摘してもらえる方法が私には合っていたと思う。今までこんなに集中して文章について考えたこともなかったし、資料を集めるようなこともなかった。そのような意味でも有意義に活用できたと思う。
 
東北学院大学 合格 Sさん
・春の面談の時に「Sさんは、論理的に考えてまとめる力を鍛えれば自然と他の教科の成績も上がるよ」とアドバイスしてもらい、本当に苦手だった英語も偏差値が10上がりました。文章を読んで考えて説明することの大切さを学べたので、大学に進学しても資格試験などに教えてもらった学習方法を使って挑戦を続けます。
 
高校2年生 Kさん
「自分の個人的な意見」と「論文で主張するための客観的な事実」を分けて考える、ができるようになってから、自分なりの文章が書けるようになったと思います。毎回、宿題を出してもらい集めた資料をチェックしてもらうことでメリハリがついて、何を勉強すれば良いかがわかるようになってきました。
 
高校2年生 Oさん
・半年前の私は作文に対して書こうとは思っているけれど書けないという状況におちいっていました。しかしこの半年間作文を書いていって苦手意識はほぼなくなりました。これは半年間で色々な知識が身についたからだと思います。作文を書くことで今おきているニュースに対して自分の意見を持ちつつニュースを見られるようになりました。
 
関連:東北学院大学にAO入試で合格 H先輩の受験レポート
 
個人情報保護の観点から、生徒名をイニシャル表記としています。copyrights EG式家庭教師コース Allrights reserved.

※期間限定! 
合格レポートを収録した、電子書籍を無料プレゼント

 
合格レポート表紙
合格レポート見本1
合格レポート見本2

今、EG式の資料請求をすると、会員限定の電子書籍を三冊セットでプレゼント。あの大学に合格した先輩たちは、どのように受験勉強を進めたのか? じっくりと読んで、今すぐ、あなたの受験勉強に活用してください。
 
電子書籍プレゼントバナー

詳しい内容はこちら↑

 
※電子書籍のプレゼントは「仙台在住(多賀城・富谷町含む)の高校生」が対象です。
※会員限定のレポートのため、一般公開は期間限定となります。今すぐお申し込みください。

大学入試小論文 対策講座

・プロ家庭教師による、完全個別指導
・大学入試(小論文・AO入試・推薦入試)・医学部受験対応
・対象:宮城県仙台市 高校1〜3年生 高卒生
受講料:24.000円+消費税 (週1回90分・全学年共通)

※小論文の指導は、細やかな添削と志望校に合わせた個別の課題設定が必要なため、一度に多くの生徒を指導することができません。定員制度を設置し定員になり次第受付を終了致します。※医学部受験希望者は、入会時に面接試験を実施します。詳細は個別に御相談ください。

 
資料請求

どんなに一生懸命にがんばっていても、
その学習方法が志望校に合っていなければ、意味がありません。
 
EG式で小論文対策を行い、合格した先輩達のレポートをパンフレットにて解説しました。ワンランク上を目指す受験生は、読んでみてください。
パンフレット